トップページへ PODについて 認定マーク 入会お申込み 協会案内
協会会員企業
お問合せ

協会案内


日本カフェポッド協会
〒105-0003 東京都港区西新橋2-11-9 ワタル株式会社内
TEL:03-3581-3440
e-mail: support@jcap.jp

第1章 総則
(名 称)
当協会は「日本カフェポッド協会」と称する。また、その英語名を[Japan Cafepod Association] とし、「JCAP(ジェイキャップ)」と略称する。
(事務所)
当協会は主たる事務局(事務所)を東京都港区西新橋2-11-9 ワタル株式会社内に置く。
(目 的)
当協会の目的は次の通りとする。
当協会は、コーヒーをはじめとする飲料の抽出における新たな方式である「カフェポッド」に関してその利点を啓蒙しまた規格に関する情報を集約・発信することで「カフェポッド」市場の健全な発展と普及を目指すための活動を行う。その目的に資するため次の活動を行う。
(1)カフェポッド規格表示規定の策定・発信、及び規格表示の管理
(2)カフェポッドの啓蒙活動
(3)関係業界内での情報交換

第2章 会員
(入 会)
(1)
当協会の会員となるには入会申込書により事務局に申込むものとする。
(2)
当協会に入会を申込むには既存会員2社の推薦を得なければならない。
(3)
事務局は前項の申込みがあったとき、正当な理由がない限り入会を認めなければならな い。
(4)
事務局は入会を認めないときは速やかに理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。
(5)
入会を認められたものは、入会時に協会の定めた会費を納めなければならない。
(6)
入会を認められた会員は協会保有の二種のカフェポッド表示マークと協会のマークの使用が認められる。但し、委託製造業者が会員であってもポッド(製品)に記入される製造者、販売者が会員とならなければ協会保有の両マークを使用する事はできない。
(退 会)
会員はいつでも退会することができる。ただし1ヶ月以上前に当協会に対して予め退会の予告をするものとする。
(金品の不返還)
退会、除名にかかわらず既納の会費は返還しない。

第3章 役員
(員 数)
当協会には次の役員を置く。
役員 2名以上
(資 格)
当協会の役員は協会の総会において当協会の会員2名以上の推薦により会員の中から選任する。
(任 期)
(1)
役員の任期は就任後2年内の最終の事業年度に関する協会総会の終結の時までとする。
(2)
任期満了前に退任した役員の補欠として選任された役員の任期は、前任者の残存期間 と同一とする。
(職 務)
(1)
当協会には、会長・副会長を置き役員の互選によりこれを定める。
(2)
会長・副会長の任期は役員の任期と同一とする。
(3)
副会長は会長を補佐し、会長に事故のあるときはその職務を代理し会長が欠けた時は会長が予め指名した順序によってその職務を行う。
(4)
役員は会社としての登録であり、個人が職務を遂行できない場合は同社の後任がその職務を行う事とする。

第4章 事務局
(事務局の設置)
(1)
当協会の事務を処理するため事務局を設置する。
(2)
会長の職務の補佐をする目的をもって事務局に事務局長及び必要な職員を置くことができる。
(3)
事務局長は会長が任免する。
(4)
役員は事務局長と兼職することができる。
(5)
事務局の組織および運営に関し必要な事項は役員会において定める。

第5章 総会
(協会総会)
(1)
当協会の総会は事業年度末日の翌日から3ヶ月以内に開催するものとする。
(2)
臨時総会は次の各号の一に該当する場合に開催する。
会長が必要と認め召集の請求をしたとき。
協会員総数の5分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって召集の請求があったとき。
(開催地)
当協会の総会は主たる事務所において開催するものとする。
(総会の機能)
総会は当協会の運営に関する次の事項を議決する。
(1)
規約の変更
(2)
協会の解散
(3)
事業計画および収支予算の決定ならびにその変更
(4)
事業の報告および収支決算
(5)
役員の選任、解任および職務
(6)
会員の除名
(7)
その他当協会の運営に関する重要事項
(決議の方法)
(1)
総会の決議は総会員の議決権の過半数を有する会員が出席し(委任状含む)出席会員の過半数をも ってこれを決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
但し、前項の(1)規約の変更、(6)会員の除名については総会員の4分の3以上の賛成を必要とする。
(2)
会員は代理人をもって、その議決権を行使することができる。ただし代理人は当協会の会員でなければならない。
(3)
前項の規定により表決した会員は、総会に出席したものとみなす。
(4)
総会の議決について、その議事において特別の利害関係を有する会員はその決議に加わることはできない。
(議決権)
各会員は、各1個の議決権を有する。
(議 長)
総会の議長は会長がこれにあたる。会長に事故があるときは副会長がこれに代わる。
(議事録)
協会総会の議事については議事録を作り、事務局長および出席した役員がこれに記名捺印することを要する。
 
第6章 会計
(事業年度)
当協会の事業年度は毎年1月1日から同年12月31日までとし、事業年度の末日を決算期日とする。
(会費)
別途定めるところとし、下記に記載する。
(会計)
当協会には1名の会計を置き、任期は役員の任期と同じとする。
(監査)
当協会には1名の監査を置き、任期は役員の任期と同じとする。


年会費 : ¥20,000 -
但し、通年7月1日より年度末の12月31日までに入会の場合は、その年度の年会費は
¥10,000とする。

年会費の納入は入会時とし、継続会員の場合は当該年度の1月末日を納入期日とする。